ある沈没船からの脱出

謎解きイベントまとめ第27回はこちらのイベント。

ある沈没船からの脱出

※「謎解きイベントって何ぞや?」という方は、まずこちらのエントリを参照ください。
 その他、これまでに当ブログ管理人が参加した謎解きイベントに関するエントリ一覧はこちらを参照ください。

基本情報

参加日:2020/10/04(日)
参加人数:2人(俺+妻)
形式:公演型
制限時間:10分
制作会社:SCRAP
会場:SCRAPナゾビル吉祥寺
結果:クリア失敗…からのリベンジチケット使用で成功…

難易度:★★★★★

東京ミステリーサーカスで行われている「ある刑務所からの脱出」と同じく、10分以内に謎をすべて解いて部屋からの脱出を目指すというもの。狭い部屋の中でバタバタと動いて謎を見つけないといけないのと、解かないといけない謎の数が多いのとで、かなり難易度は高いと感じた。事前に「2人で手分けしないととても追い付かない」というような情報をネットで見ていたにも関わらず、いざ始まってしまうと2人で同じ謎を考えてしまったり、焦ってしまって冷静に考えられなかったりで、あえなく惨敗……。リベンジチケットを使うとヒントカード付きで再挑戦できるということで、2度目の挑戦(しかもがっつりヒントカードを見た状態)で何とかクリア。とてもクリアしたとは言えない結果に、悔しさがますます募った。

ストーリー・没入度:★★★★☆

沈没船の一室から脱出するという設定なのだが、10分という短い制限時間であっぷあっぷしているので正直その設定に入り込む余裕はなかった。ただ、宝箱の鍵を開けるために次々に謎を解かなくてはいけない状況に置かれるという非日常感は味わえた。

オススメ度:★★☆☆☆

かなり難しいと感じたし、短い制限時間の中で狭い部屋の中でバタバタと動き回らないといけないため、初心者にはきついと思う。例えば、カップルがちょっとデートでやってみようというのには向いていないと思う(それなら、「ある刑務所からの脱出」の方がいいだろう)。あと、この「リベンジチケット使えば、ヒント付きで再挑戦できますよ」というシステムは今後も増えていくのだろうか。できればやめてほしい。失敗だったらその場で解説してもらって「あー、そういうことだったのか」と(悔しいながらも)スッキリして終わる方がいい。もちろん、商売的にはお金払って再挑戦してもらった方がいいのはよくわかるのだけれども。謎解きにかなりの自信がある人、もしくはリベンジチケットを使う(追加でお金を出す)こと覚悟でやってみたいという人ならいいと思う。

総評

約1年間脱出ゲーム系イベントに参加できなかった鬱憤を晴らすかのように、9月27日と10月4日の2日間で5つのイベントに参加した。その中で、この「ある沈没船からの脱出」はラストを飾るイベントになったわけだけど、当然のように失敗してしまい、悔しさを抱えることとなってしまった。妻は「まぁ遊びなんだから、そんな気にすることないよ」と言うのだけれど、負けず嫌いのおっさんとしては失敗してしまうとやはり悔しいのである。
先に書いた内容の繰り返しになってしまうが、10分という短いゲームではあるが、決して難易度は低くなく、むしろ高い部類だと思う。そのため、謎解き力に自信のある人か、リベンジチケットを使う覚悟のある人しかおすすめしない。そうでないと、「クリアできなかった上に解説もなく、どうやって解けばよかったのかという解法を知るためには追加でお金を出さないといけない」という状況になってしまい、モヤモヤしてしまうだろう。
関連記事

Comment