芸術家鳩後晃の不思議な絵画

謎解きイベントまとめ第13回はこちらのイベント。

芸術家鳩後晃の不思議な絵画

※「謎解きイベントって何ぞや?」という方は、まずこちらのエントリを参照ください。
 その他、これまでに当ブログ管理人が参加した謎解きイベントに関するエントリ一覧はこちらを参照ください。

基本情報

参加日:2019/5/5(日)
参加人数:2人(俺+妻)
形式:周遊型
制限時間:なし
制作会社:よだかのレコード
会場:とりっくあーとぴあ日光
結果:クリア成功!

難易度:★★★☆☆

とりっくあーとぴあ日光という、トリックアートを展示した美術館内で開催されている謎解きゲームで、正直そんなに大した難しさではないだろうと高を括っていたら、思ったよりも骨のある謎もあって、なかなか楽しめた。
それでも所要時間は1時間程度だったので、あくまでトリックアート美術館を楽しむことがメインのライトな謎解きである。

ストーリー・没入度:★★★☆☆

ストーリーはあるものの、制限時間もないので、そこまでの没入感はない。と言っても、これはこのイベントに限らず周遊型に共通する話なので、特別内容が悪かったわけではない。

オススメ度:★★★★☆

※と言っても、もう終わった公演なのでこれからの参加はできない。
美術館に来たついでにちょっと楽しむにはちょうどいい難易度で、また、謎解きの過程で自然と美術館内も回ることになるので、謎解き好きならやってみて損はないと思う。

総評

妻とのゴールデンウィーク旅行@日光で訪れたとりっくあーとぴあ日光で参加したイベント。
今回、謎解きイベントだけがとりっくあーとぴあ日光に行く動機になったわけではないが、とりっくあーとぴあ日光に行ってみたいと思わせる要素のひとつになったことは確かなわけで、少なからず集客効果も見込めるのだろう。
やはり、我が地元・柳川でも謎解きイベントで町興しをするべきではないか(しつこい)。
関連記事

Comment