リアル脱出ゲーム×ドラゴンクエスト 大魔王ゾーマからの脱出

謎解きイベントまとめ第5回はこちらのイベント。

リアル脱出ゲーム×ドラゴンクエスト 大魔王ゾーマからの脱出

※「謎解きイベントって何ぞや?」という方は、まずこちらのエントリを参照ください。
 その他、これまでに当ブログ管理人が参加した謎解きイベントに関するエントリ一覧はこちらを参照ください。

基本情報

参加日:2018/08/17(金)
参加人数:3人(俺+前職の同僚2人)
形式:公演型
制限時間:なし(最後の大謎のみ10分の制限あり)
制作会社:SCRAP
会場:幕張メッセ
結果:クリア失敗…からの課金コンティニューでクリア(詳細は後述)

難易度:★★★★☆ ※最後の大謎は★★★★★

最後の大謎までは時間制限もなく、謎自体もそこまで難しくもなく、易しくもない難易度。
しかし、最後の大謎では10分間という時間制限を課されるとともに、焦りを煽るような演出が行われ、一気に緊張感が増す展開に。
結局、最後の大謎を一発クリアすることはできず、我々パーティは全滅……。
しかし、1人1,000円払うことで復活の呪文により再挑戦することができるシステムとなっており、それを使って何とか2回目の挑戦でクリア。

ストーリー・没入度:★★★★★

参加者は4人1組のパーティとなって、それぞれ「商人」「踊り子」「占い師」「旅芸人」の中から選択した職業になりきって進めていくこととなる。
我々の場合は、もともと4人で行く想定で4人分のチケットを買っていたものの、1人参加者が見つけられず、結局3人1組のパーティで進めることとなった。それにより、1人が2人分の職業を担う必要があったため、面倒そうな「踊り子」と「旅芸人」を後輩にやらせるというパワハラまがいのやり口を使うことでこの窮地を脱した。
ちなみに、俺が選択したのは「商人」という一番無難な職業である。

そうした職業選択システムや、会場内の大道具や小道具を含め、ドラクエの世界観の再現度は非常に高かった。

オススメ度:★★★★★

※と言っても、もう終わった公演なのでこれからの参加はできない。
さすが、謎解きイベント本家本元のSCRAPだけあって、非常に満足度の高いイベントだった。
もう終わってしまった公演なので今から参加することはできないが、また同様のドラクエコラボイベントをやる際にはまたぜひ参加したいし、オススメしたいと思える内容だった。

総評

前職の同僚で親しくしていたM田さんから誘われて参加したイベントであり、謎解きイベントに本格的にハマるきっかけとなったイベントと言える。
それまでも、ここにまとめてきたようにいくつかのイベントには参加したことがあったのだが、例えば積極的にイベントを探したり、人を誘ったりするまでのことはなく、「ハマる」というほどではなかった。
しかし、このイベントそのもの、そして「持ち帰り謎」と言われる家に持ち帰って楽しめる謎解きの作り込みの凄さに圧倒され、俺の中での「謎解き」欲求が目覚めてしまった。

その結果、SCRAPに貢いでいくお金が増えていくこととなったわけである。
関連記事

Comment