5月1日

 5月1日、元号が平成から令和に変わった歴史的な1日。


 その日、俺は妻と共に東京駅から新幹線(こだま)に乗って南に向かっていた。

 1日から4日までの3泊4日で、神戸を本拠とした大阪・神戸旅行を計画していたのである。
 なお、宿は旧友の8810宅に居候させていただく予定だ。

 東京駅から新幹線に乗ること、約4時間。途中、名古屋に着くまでが異様に長く感じた(※)ことを除けば、特に何も問題なく新大阪に到着。

 (※)普段乗っているのぞみでは止まらない静岡県内の駅にも止まるため。
   なぜ今回「のぞみ」ではなく「こだま」にしたのかというと、「ぷらっとこだま」というJR東海ツアーズの商品で安く行けることを知ったからなのだが、その説明は割愛する。興味があれば、Google先生に聞いてみてほしい。

 新大阪から大阪駅まで電車で移動し、そこからさらに阪急梅田駅まで歩く。
 そして、阪急梅田駅から六甲駅へ。

 六甲駅に着いたのはちょうど18時頃。
 前に来たのが2017年8月だから、2年弱ぶりか。何回目かはよく覚えていない。ただ、自分が住んでいる街あるいは住んでいた街以外で最も頻繁に来ているところなのは間違いないだろう。
 以前も書いたが、いわば準本拠地である。北九州市民球場であり、グリーンスタジアム神戸である。

 移動中に8810に連絡した際、「今から支度する」というようなことを言っていたので、てっきり駅まで8810が迎えに来てくれるのかと思っていたが、それはないらしい。
 妻と2人、Googleマップと過去の記憶を頼りに駅から歩く。

 ほどなくして、都賀川沿いに出る。8810宅はもうすぐである。
 と、8810宅前に着いた際、恐らく8810祖母と思われる人とすれ違う。
 家の前で呼び鈴を鳴らそうとしているところを見て8810関係者だとバレたのか、「いると思いますよ」と声をかけられた。

 呼び鈴を鳴らし、「宅配便です」と言って中へ。

 8810とK子さんに会うのは、去年の9月以来だからおよそ半年ぶりか。
 その2人の子である山田哲人と会うのもそのとき以来か。

 部屋には前回来たときと同じく、習字による貼り紙が。
 ひとつだけ前回と違ったのは、前回が「U-suke(実際は本名)の間」と書かれていたのに対して、今回はそこに妻の名前も加えられていた点である。

 部屋に入ると、習字で「南無阿弥陀仏」と書かれた紙が貼られていた。「お、新興宗教か?」と思うも、とりあえず触れないことにした。

 部屋に荷物を置いて2階のリビングへ。
 星野源の「恋」が流れている。前々回ここに来たとき、つまり2016年12月のときも同じようにこの曲が流れていた。
 この部屋はそれからずっと刻が止まっているのではないだろうか。

 晩ご飯をどうするか、という話になる。
 身重のK子さんと坊や哲を連れて三宮まで出るのは難しいということで、近所のコンビニで食料を調達して家で食べることにした。

 5人でコンビニまで歩いて向かい、食事と酒を買う。
 コンビニはファミリーマートだった。セブンかローソンならよかったのに、と思ったのはここだけの秘密だ。

 家でコンビニ弁当を肴に酒を飲みながら4人で話す(K子さんは飲んでいない)。

 8810が「アメリカ村はやばいで。特に三角公園」と言っていたことだけ覚えている。

 0時をまわり、さすがにそろそろ寝るか、というところでこの日は解散。
 風呂を借り、部屋に戻って就寝。

 まだ旅行は始まったばかりだ。



 ※「'19 ゴールデンウィーク」でカテゴリ作って書いているエントリは、リアルタイムで書いたものではなく、後追いで6月に書いたものです。
関連記事

Comment