いくら磨いても落ちないサビのように

 酒飲んだ状態で更新するとろくなことないと思うけど、あえて更新する。

 「今ある現実こそがすべてであり、あり得たかもしれない未来なんてない」なんて口先では格好のいいことを言ってみても、やっぱりどこかまだ引きずっているんだなぁ。

 本当に嫌いになってしまえれば楽なんだけど、そう上手くはいかないらしい。

 すんでのところで抑えたけど、危うく何度か連絡をとってしまいそうになってしまった。

 向こうからすれば、道ばたで仰向けに倒れていても気にも留めない、もはやセミ以下の存在になっているのは間違いないのであって、そんな状況で連絡をとったところで自分の心が余計に傷つくだけだ。

 人の心は魔法瓶じゃないのだからいつか冷める(お、名言か?)としても、あまりにも虚しい終わりじゃないか。

 とか何とかまるで被害者ぶってるけど、その原因が自分の行動にあったことは嫌というくらいわかっているから、因果応報なんだけど。
 さっさと地獄に堕としてくれませんかねぇ。あ、これが生き地獄なのか?

 友人が次のステージに進むのは見届けられたから、もう俺はいいよ。
関連記事

Comment