卒業

 モラトリアムもこれにて終了――。

 また、いつか、どこかで。

関連記事

Comment