最後の試練

 夏休み最後の最後に一試練が待っていた。


 というのも、部屋に備え付けの電気コンロがどうも故障してしまったようなのである。電源こそ入るものの、「加熱」ボタンを押してもうんともすんとも言わないのだ。昨日、肉野菜炒めを作ったときは何ともなかったのに、である。こいつは参った。

 明日、管理会社に連絡して修理の手配をしてもらわないといけない。故意に壊したわけではないのだから、修理費用は恐らく管理会社持ちになる、とは思うのだが、どうなんだろう。契約書を読み返した限りだと大丈夫だとは思うけど、やっぱり心配だ。

 費用を負担しなきゃいけないのかどうかも不安だけど、これから最低数日間はコンロが使えないというのが何より痛い。料理が出来ないばかりでなく、うちにはポットがないから、お湯も沸かせないのだ。う~ん、コンロが使えないのがこんなに不便だとは…。ホントの大事さは、いなくなってから知るんだ、ってことか。

 あぁ、もうツイてねぇな~…。これからしばらく食事に困りそうだ…。

 (余談)

 やっぱ『おお振り』第10話「ちゃくちゃくと」は何度観てもいいわ~。Aパートもいいんだけど、それ以上にBパートがいい。初めてフライを捕って喜ぶ西広や、自分の誕生日に思い切ってチームメイトを家に呼ぶ三橋が何とも微笑ましい。もともと爽やかな『おお振り』の中でも、この回は特に爽やかで、観ていてすごく元気になる。この1話のためだけにDVD4巻を買ったと言っても過言ではないし、この4巻だけじゃ半端だってことでDVD全巻集めようと思ったと言っても過言ではない。それくらい俺にとっては大きな意味を持っている1話だ。

 余談の余談…三橋の投球フォームは早稲田の斎藤を参考にしてるんじゃないかと思う今日この頃。
関連記事

Comment

ゐの熊

らぁーらぁららーんらーん

へぇいへーいへぇーいへぇい

2007.10.01 Mon 10:51

U-suke

>ゐの熊

うぉううぉううぉううぉ~うぉっうぉ~

2007.10.13 Sat 01:09